生田神社 桜

令和元年 生田薪能並びに秋季大祭行事のご案内 | 神戸の安産祈願・恋愛成就・ご縁結びは生田神社

ページトップへ

新着情報

令和元年 生田薪能並びに秋季大祭行事のご案内

令和元年8月26日:更新
秋季大祭行事のご案内

 

生田薪能のお知らせ
日 時 令和元年9月19日(木)
開 演 午後6時 開場:午後5時30分
(状況により早まる場合がございます。)
場 所 生田神社境内特別舞台
(雨天時は生田神社拝殿で行います。)
演 目

呼 声(狂言)

無断で休んだ太郎冠者の元に、主人と次郎冠者が来ます。別人の様な声で留守のふりをする太郎冠者に、主人は色々な節で呼びかけます。「太郎冠者さん、家に居るなら出てきてください」「太郎冠者さんは留守なので、何か伝言があればおっしゃってください」というやりとりから、段々と歌い踊るようになっていきます。

 

箙(能)

西国方にいる僧が都見物に出て、須磨の浦生田の川に着くと、若き里人が現れる。そこで、梅の木を見て、これは名木かとたずねると、昔 源平の時代に梶原源太景季がこの梅花一枝を折り、箙にさして笠印とし名を挙げたので、この木を箙の梅と称する話を語り、昔の一の谷の様子を語る。その後、実は自分がその景季の幽霊だと名乗って消え失せる。
僧が花の木陰で寝ていると、若武者姿の霊が現れ、修羅道の苦しみ、戦いの様子を語った後、僧に弔いを頼み、消え失せる。

観能料 前売り券:大人 2,000円 学生(小学生以上)1,500円
当 日 券 :大人 2,500円 学生(小学生以上)2,000円
※9月1日より販売致します。
販売場所 生田神社授与所 午前9時~午後5時まで
主 催 生田神社薪能奉賛会・藤井定期能楽会

 
秋季大祭行事日時のご案内